食の安全安心

[安全・安心への取り組み]

消費者の皆様に、安全・安心でおいしい商品をお届けしたい

HOME食の安全安心

“消費者の皆様に、安全・安心でおいしい商品をお届けしたい”
私どもの一貫した商品コンセプトです。
第一期、二期の工場増設拡張を経て、食品加工業務を進めていく中、いかに衛生管理レベルを向上させ維持していくかを第一に注力してまいりました。
全社員参加での衛生管理活動取組みの中、2005年9月、わかめ煮(ノーマル)生産工程において、水産加工施設では兵庫県内で初めて『兵庫県食品衛生管理プログラム』(HACCP手法を用いた兵庫県独自の認定制度)の認証を取得いたしました。
これからも、食品を扱う企業の最大の使命である衛生管理を徹底し、安全・安心な商品をお届けできるよう努力しつづけてまいります。

兵庫食品衛生管理認定

「兵庫県食品衛生管理プログラム」とは
食品製造工程において、一定水準以上の衛生管理のもとに製造・加工し食品毎の履歴の情報等を明らかにし、食品の安全性を確保することで、県民の信頼の向上を図ることを目的として制定され、兵庫県知事が認定する兵庫県独自の制度です。

[認定の区分] 水産加工食品加工施設
[施設の名称] 沖物産株式会社 食品加工場
[認定番号]   第05D0001号

当社の品質管理方針

「心からお客様に喜んでいただける商品やサービスを提供し、社会の信頼を得られるよう取り組みます」

1.私たちは、より高い安全性と品質を追求し品質クレームゼロを目指します。
2.私たちは、お客様の視点で革新とオリジナル性のある商品づくりを目指します。
3.私たちは、商品づくりを通して人間的に成長し社会に必要とされる企業づくりを目指します。

品質管理課の主な業務内容

1.食品検査
食品工場で製造された商品を中心に理化学検査(糖度、pH、水分活性など)及び微生物検査を実施しております。検査室では自社製品の定期的な検査だけでなく新規開発中の製品がどれくらい日持ち検査や返品があった場合の安全確認を実施しています。

2.食品表示
新しく開発された商品の一括表示(原材料名、アレルゲン、添加物、栄養成分など)作成を行います。食品表示基準に準じて使用する原料を一つ一つ確認するところから一括表示の作成は始まります。特にアレルゲンや栄養成分については重大事故に関わってきますので二重チェックをすることで表示作成のミスを防いでいます。食品表示は専門知識が必要な学問となりますので品質管理課では食品表示検定の中級取得を最低限の目標としています。

3.製品規格書
自社製品の詳細内容が書かれた規格書(商品説明書)の作成と更新及び管理する業務となります。得意先の専用様式を依頼される場合があるため常に新しい情報を更新し管理する必要があります。

4.HACCPの運営管理
食品工場や各事業所で定められた内容が正しく運用し記録が取っているか必要に応じて点検を行います。
運用に関しては各食品工場や事業所で行っていますが、工程の変更や新たな設備が導入した場合などは工程管理の見直しを行います。

5.従業員教育
食品工場に従事している従業員に対して品質管理に関する知識の習得を目的に実施しています。食品衛生法などの改定があった場合の通達、新人・中途採用の従業員向けの基礎教育をします。また、社外での教育機会も利用して、常に最新の情報収集に努めております。